2009年01月13日

それでこっちも JR

画像0163.jpgこちらはまさに相手方のものとなります。
さすがに線路が繋がっているためもありまして、有利な路線図を描くことが出来ますね。
南海さんからみればうらやましい限りやもしれませんが。
先の記事のものと、こちらのJRのもの。冴えない路線図だな、と思われた方。はい、そうなんです。空港内の案内ボードのものなのです。
でも始めて、この国際空港に降り立つ外国人だと、分かりにくいでしょうね。
特に何もガイドブックなどに、しっかり目を通さない、トランジット的な入国者にとっては、
JRと民鉄が、しのぎをけずっているということ

察することのすらできない搭乗客も、かなりいることでしょうね。
posted by 私鉄電車オトコ at 22:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私鉄電車男的、最高図形スポット

画像0164.jpgは、ここだ。

この図が掲載されている場所だ。鉄道ファンの君なら、この絵をみただけで、すぐにお分かりになるだろう。
言うまでもない。関西方面のスポットだ。私鉄電車男的に言えば、激戦区だ。

路線図ここに極まれり、かくあるべし、のスポットライトだ。カラフルな路線案内が、目白押しだ。
複数の会社線が、競合する、ということはまさに、路線図の洗練さに、反映される。それも、もろに、だ。

そしてまた、自社分は鮮明に、そして派手に、くっきりと描き、
競合する他社分は、
まったく無視。
まるで、自社以外の路線なんて、あったっく?、しりまへんで、ってな感じやな。すぐ隣同士でいるのに。

ご近所同士、なかよぉしませんと、という理屈は成りたたへんで。

ある意味、親切、ある意味、乗降客にとって、この洗練度合いは、ご利益なのか、否か。

では、路線図見物大博覧会である。
デザイン路線図合戦の、最先端、いわば修羅場じゃ。
まずはこっちから。私鉄がテーマですから。
posted by 私鉄電車オトコ at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。