2009年01月30日

私鉄電車=遊園地の乗り物

画像0115.jpg
おおよそ私鉄電車に乗るということは、遊園地に乗って各種乗り物に乗るのと、同等である。
楽しいのである。各社画一というわけではないが、各社特徴のある車両を取り揃えて運行し、レール音一つをとってみても、
音感がそれぞれ異なっている。
走行音に耳をすまし、過ぎ行く景色に目をやり、振動を全身で感じる。
乗り降りする沿線住民。学生や社会人そしてOLの姿。

それぞれ沿線の文化や特徴、町や利用する人々の生活と溶け込みあった、人々に近い存在であるからだ。
狭苦しい駅や道路や商店街との一体感なんかはもうサイコーなのだ。JRには見られない、私鉄電車が創る文化なのだ。

そのような風景を見ながら走る私鉄電車は、もう遊園地そのものの気分なのだ。
大手私鉄14社、いや15社だったかな?。
楽しんでいこうぜ!!。

posted by 私鉄電車オトコ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まあ4線やからな

画像0210.jpgすばらしいわな。4線なんやから。地下の4線2島方式。

行き止まり式の現行のターミナルホームも4線。
しかし行き止まり式の場合は折り返し運用だから、捌ける発着本数は、通過式よりも少なくなる。

通過式になれば、渋谷発着における、電車のふんづまり→徐行頻発も少なくなるだろう。
また、半蔵門線直結の田園都市線の渋谷駅と異なり、
こっちは4線。
その意味では、楽しみな話でもあるな。

それにしても、今はまだ東横線側の開通はみてないが、
中の2線はまだ使用しなくとも、両サイドの2線だけで
発着は捌けるのですね。

本数が少ないと言うわけではないのでしょうが。
posted by 私鉄電車オトコ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。