2009年01月18日

和歌山需要はないんかな。

画像0151.jpgラピートは、全列車難波発着で起点だ。

しかしもう一方の起点、和歌山方面からの、空港客需要には、答える必要は、ないのだろうか?。

和歌山からの列車の一部に、関西空港直結車を設定するわけだ。

つまり、和泉佐野駅を京浜急行蒲田駅化出来ないのだろうか?
ということだ。

京急蒲田は、品川、新橋、日本橋方面、都心からの直通列車とともに、横浜方面からの直通列車の
設定もある。
ご存知蒲田での、反対向き進行だ。

しかし和歌山は大阪都心からの乗客に比べて、和歌山方面からの需要は、少ないのかもしれない。

しかしあるいは、名鉄金山駅化だ。こちらもスイッチバックというのか知らんが、
進行方向を変えて、反対にして、空港駅に向かうものだ。
こちらは豊橋方面からの空港客の輸送である。
だから、だ。
いくら乗客が少ないいうても、和歌山は、県庁所在地やで
豊橋には勝てる、いやあるいは、同等だろ。
だから、和泉佐野でのスイッチバック、

やろや。
posted by 私鉄電車オトコ at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112780072

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。