2006年01月05日

日光駅・・

 スペーシアとJR特急が日光鬼怒川方面の共存ダイヤで沸き返っております。うそです。。。日光の観光需要としての地盤沈下が顕著だからね。日光の玄関口、東武日光とJR日光駅。モダンな装いの東武駅舎に対して、JR側は、由緒正しく、いい味出しているよね。JRから見た東武の駅舎位置と、そしてJRホームから見た東武快速電車だ。日光輸送戦争は、東武の勝利で終わったと、歴史は語るが、いやはや、、、。快速も2両しか走って無いぞ。。日光って、そんなに飽きられていたのでしょうか??。今一度再興を帰してもらいたいな。いろは坂に中禅寺湖、東照宮さんに滝めぐり。温泉も各種、いろいろあるぞ!!。
060105o.jpg 060105p.jpg 060105q.jpg 060105r.jpg
posted by 私鉄電車オトコ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(3) | =沿線レジャー= | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日光近代史 7 JR日光駅
Excerpt: 「JR日光駅」 明治23年8月1日(1890年)開業の駅舎は、JR東日本管内では
Weblog: 日光「ふぃふぁ山荘」単身赴任日記
Tracked: 2006-02-11 17:04

浅草 - 日光・鬼怒川線 特急スペーシア 個室(コンパートメント)
Excerpt:  東京下町の浅草と栃木県の大観光地である日光・鬼怒川方面とを結ぶ東武鉄道特急スペーシア「きぬ」、「けごん」号には私鉄特急には珍しく、個室車両(4人用)が連結されております。  6両編成の最後尾(..
Weblog: グリーン車 アッパークラス体験記
Tracked: 2006-02-13 20:49

日光近代史 7 JR日光駅
Excerpt: 「JR日光駅」 明治23年8月1日(1890年)開業。JR東日本管内ではもっとも
Weblog: 日光「ふぃふぁ山荘」単身赴任日記
Tracked: 2006-03-05 21:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。