2009年02月07日

ラピートとラピードは区別せにゃ

画像0166.jpgまた南海ネタ。空港案内でちょっと感じたことだ。
関西新空港に降り立った外人はんたちは、オーサカCITYダウンタウンに、駒を進める。
さて、どぉやら、オーサカCITYダウンタウンへは、二つの電車線があるようだと認識する。

どっちの電車にのったら、オーサカダウンタウンのどこに行くかを確認するわけだ。
しかし、とりあえずオーサカ市内に入れれば、
ってな外人はんもおるやろから。入ってから、タクシーでも拾おうとか、思っている外人はんやとか。
南海の鉄仮面、ラピートはともかく、ラピドもあんねん。
そこでラピドにするか、ラピートにするかや。
ややこしんちゃうか、と私鉄電車男は、心配やねん。
心配して考え出したら、夜も寝られへん。
ラピド言うのは、JRの“快速”の英訳であるラピーッドだ。
外国人だと、どっちがどっちやねん?とこんがらがるのではないかと
懸念してしまう。
また、しかし、日本人いうのは、英語やら、欧州語やら、ごちゃまぜにして、つこぉてんねんな。
とおもぉてくれんねやろな。
posted by 私鉄電車オトコ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。