2006年01月10日

箱根温泉・・・来週からは緩みという予報は。当てにできるかな

 寒い。久しぶりに箱根を訪れる。寒い。もうちょっと、駅舎や発着する列車を、しばし眺めていたかったものだが、手はかじかみ、体は冷えはじめる。箱根湯本駅の標高は、100m足らずなはずだが、小田原市内にいるよりも寒く感じるのは、周りの風景のせいだろうか。それとも、行き来する客が、冷え込まないよう、厚着している服装のせいだろうか。
 関東人観光の定番、箱根温泉。夕方の上り、駅で交換するロマンスカーは、ほとんど満席状態で家路に着こうとする乗客でいっぱいだ。ちょっとこの3連休は温泉でも行こうよ、といったのりで来ているのだろうか。どのお客さんの表情も明るい。このところの株価上昇や新規採用増加など、明るい経済ニュースを、一部反映した週末の都民の姿か。とも見える。

 観光窓口に聞いて駅近くの温泉に飛び込む、留学生やビジネスマンですっかり国際化した東京だが、こんな郊外観光地の湯船や洗い場にも、堀の深い表情を持った外人や、一見日本人と見えたが、東南アジアの言葉を周囲になんら気兼ねなく、響かせている若者たちの姿が目立つ。
 まだまだ箱根も捨てたものではない。少子化だろうと経済停滞だろうと、都民の保養と娯楽、ちょっと都心から離れて、行こうよ、行ってみようよ、何度だっていいじゃんか、リピートリピート、野球場やサッカーそして映画館に足を運ぶように、都民レジャーの重要な一端を
、これからも担い続ける、そんな箱根を、小田急とともに。。。
060109ier.jpg  060109iw.jpg  060109kq.jpg
posted by 私鉄電車オトコ at 00:44| Comment(3) | TrackBack(0) | =沿線レジャー= | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 人気沸騰の某ティーカップ系列ブログからきました、ギア鳴り太郎と言います。
箱根登山鉄道のことですが、名物である三線軌条区間がいずれは廃止となるという情報を某テクノバンドユニットのネットラジオサイトにて知りました。が、詳細がわかりません。
 もし、詳細を御存知でしたら、補足してくだされば大変有難いです。

 今後も幾度か訪問しますので、よしなに願います。
Posted by ギア鳴り太郎 at 2006年01月11日 20:28
鳴り太郎さん今日は。僕もそのような話は知りませんでした。またよろしくお願いします。

Posted by 私鉄電車男 at 2006年01月12日 00:54
オーナー様

 先日、所用で座間市へ行く途中、箱根湯本まで寄り道しまして、その際に関係者に聞いたところによると、三線軌条廃止というのは「箱根湯本より東は小田急車のみとなり、登山電車は湯本より東へは行かなくなる」というものでした。
 と言うことは、例の区間の期間幅は小田急と同じ幅に統一されると言うことです。

 最近になって、自前のブログを始めました。
Posted by ギア鳴り太郎 at 2006年01月16日 20:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11514822

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。