2009年03月07日

広告は増えてきたかな

画像0122.jpgこの世界同時不況は、安定した輸送需要を持つ鉄道業界にも、少なからず影響していっているものだ。
いわゆる経常利益に直結する輸送や運賃収入である本業では、さほど影響の度合いは、小さいはず。

しかし、沿線開発や飲食など鉄道付帯事業は、それなりに打撃を受けるものだ。
とくに、鉄道事業は、それ自体が、人が集まるようになっているから。
付帯事業も必然と有利な条件で事業計画を推進できる。

しかしそうはいっても、広告事業は、不況になったときに、真っ先にメスを入れられる部門である。

そのために、広告事業は、製造業などの事業にとっての売り上げ減少幅以上に、被ってくる。

広告を出す資金は、真っ先に切られるわけだ。
鉄道事業の広告効果そのものの価値が問われているように思う。

鉄道広告も、頑張ってもらいたいな。乗客が直に目にする媒体だから。
posted by 私鉄電車オトコ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。